基礎的財政収支の黒字化目標撤回に関する自民党2回生議員からの提言について

自民党の安藤裕衆議院議員が代表呼びかけ人を務める、自民党の2回生議員でつくる「日本の未来を考える勉強会」が経済財政運営に関する画期的な提言を出すようです。7月初めにまとめ、首相官邸と同党執行部に申し入れるとのこと。
http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS25H0K_25062017PE8000/

プライマリーバランスと言われる政府の基礎的財政収支の黒字化目標撤回を求める内容です。
基礎的財政収支とは、税収・税外収入と、国債費(国債の元本返済や利子の支払いにあてられる費用)を除く歳出との収支を表したものですので、当該提言は増税等によらず国債発行による歳出拡大を求めていることになります。

政府赤字を増やし積極財政に転換すれば、必ず景気が浮揚するとまでは申しません。積極財政は十分条件とはなりませんが、必要条件と考えます。
過去ブログでも何...

ご支援くださる方はクリック→