①ケインズ革命いまだ成らず

①ケインズ革命いまだ成らず ケインズ主義の構築者、ジョン・メイナード・ケインズ(1883年6月5日~1946年4月21日)は、イギリスで生まれた経済学者で、20世紀学問史において最重要人物の一人とされています。ケインズは、それまでの伝統的な古典派経済学に反対して、1936年に「雇用、利子および貨幣の一般理論」を表し、消費性向・貯蓄性向と乗数効果の理論から、税制や財政支出の枠組みが社会の体質や景気循環に根本的な影響を与えることを論及しています。すなわち、その政策提言は消費者にお金を持たせようとする需要側重視の特徴を持っています。そのため、ケインズ経済学はデマンドサイド経済学と呼ばれます。また、その弱者救済のための所得再分配政策を重視する政府を大きな政府と呼びます。大きな政府は、政府の財政規模の単純比較を言っているのではなく、政府が景気循環に大きく関わる姿勢を持つために、必然として、...

ご支援くださる方はクリック→