老いの一徹:「経済は何を内包しているのか?」

本日は、有閑爺い様の寄稿コラムです!本日は構造論的なお話です!貨幣と経済と市場とはいかなる関係か?それを徹底して論じられております!※本日私(ヤン)はまたもや夜の付き合いで体調が悪いため、コメントが短めなのはご勘弁を・・・(汗)現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!老いの一徹:「経済は何を内包しているのか?」~有閑爺い様本日は、「経済が内包するもの」ということを述べてみたいと思います。

「内包」はあまり耳慣れない言葉なのですが、「内にある性質、内在する性質」といった認識で大きくは外していないと思います。「内包」の反対語は「外延」で「外を取り囲む具体的なもの」と言った意味でいいと思います。実は「内包」や「外延」にはもっと厳密な説明があるの...

ご支援くださる方はクリック→