イノベーションを育てるにも順序がある

『ついに"マイナス成長"に落ちた日本の景気』(5/28PRESIDENTOnline真壁昭夫/法政大学大学院教授)http://president.jp/articles/-/25251「5月16日、内閣府が発表した1~3月期の実質GDP(国内総生産)成長率の1次速報値は、前期比年率換算ベースでマイナス0.6%だった。マイナス成長は9四半期ぶりだ。(略)中長期的な景気安定のためには、構造改革を進め、国内経済の実力(潜在成長率)を高めることが欠かせない。(略)」真壁氏は、GDPマイナス成長の要因を「天候不順」と「企業部門の設備投資減少」の二点にあると説明したうえで、①天候不順の影響は一時的にすぎぬから景気は今後回復に向かう②設備投資を促すイノベーションを活性化させるため、発展性がある分野にヒト・モノ・カネを再配分し、構造改革と規制緩和に邁進せよと主張する。まず指摘しておきたいのは、「天候不順...

ご支援くださる方はクリック→