イタリアの転舵と日本の「最悪の世代」

株式会社経世論研究所講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆『嘘つき財務省①』三橋貴明AJER2018.6.5https://youtu.be/jE1JXDGyR9w◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆6月1日、イタリアで五つ星運動と同盟の(事実上の)連立政権である、法学者のジュゼッペ・コンテ内閣が発足。内務大臣に同盟党首のマッテオ・サルビーニ氏、五つ星運動のルイジ・ディ・マイオ氏は産業大臣、反ユーロで有名なパオロ・サボーナ氏は欧州担当大臣に就任しました。元々、パオロ・サボーナ氏は財務大臣(経済大臣)の予定だったのですが、マッタレッラ大統領が反発。元IMFの緊縮派カルロ・コッタレッリ氏に組閣させようとしましたが、失敗。5月31日に、コンテ氏とマッタレッラ大統領が再び会談。新...

ご支援くださる方はクリック→