大阪北部地震 天災の人災化はもうたくさん

 私達日本人はまたもや天災を人災にしてしまった。6月18日午前7時58分ごろ、大阪府北部でマグニチュード6.1、最大震度6弱の地震が発生し、9歳の女の子を含む4名の方が亡くなり、水道管の破裂などライフラインにも大きな被害が出た。

  高槻市の寿栄小学校の塀が倒壊して女の子が亡くなったことについては今後、学校や行政に対する世論の批判が高まっていくだろう。高さ等が建築基準法に違反していたとのことなのでその点の責任追及は当然だと思うが、この人災をまねいた責任の一端は私達全ての日本国民にもあるのではないだろうか。

  過去の震災の教訓から、ブロック塀の倒壊や水道管破裂の危険性を繰り返し指摘されていたのだから日本国民に良識があれば、財源がないなら国債を増発してでも水道管の耐震化、老朽化した塀や空き家の撤去などの防災・減災関連の政府支出拡...

ご支援くださる方はクリック→