地震と不確実性から考える、国土から遊離した国民意識という浮足立った状態

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック地震と不確実性
 今回の大阪近辺の地震は上記の平松禎史さんの記事によると、発生確率は殆どゼロと推定されていたようです。今回の地震は、有馬-高槻断層帯の東端が動いたと思われます。この断層の西端は阪神淡路大震災を引き起こした兵庫県南部地震で動いた六甲-淡路島断層帯に隣接しています。当時、危険性が指摘されたものの、30年間の発生率はゼロに近いと見込まれていた。 しかし、人間が計算した予測などまったく意味がないことが今回も証明されました。人間が計算できるのは「リスク」までであり、リスクとは危険な状況が確率論的にどのようなパーセンテージで起こるか?という話ですが、これは万能でも何でもなく、人が生きることとは常に不確実性と隣り合わせになっていると思い知らされた地震であったと思います。リスクは計算できるのに対して、...

ご支援くださる方はクリック→