女性の社会進出を成功させるために必要なこと

今日はこんな記事です。 ニュージーランド首相が女児出産、6週間の産後休業を取得へ 女性の社会進出を促進すると出生率が高くなる、という傾向があり、その促進が少子化対策として重要だと考えられています。 ただ、出産・育児というイベントと就業をどうやって両立させるか、という大きな問題があります。 産休や育休を拡大することで両立を可能にするということは不可欠です。 一方、企業(雇用側)には、休暇を取る間、どうやって業務を維持するか、という課題が生じます。ここをどうするのか、という議論があまりない、という印象をもっています。 今回ニュージーランド首相が産休に入りますが、産休中は副首相が首相代理を務めるのだそうです。人員の補充なしに業務を維持しようとしているわけですね。 人員の補充なしに業務を維持しようとするなら、しわ寄せは「残され...

ご支援くださる方はクリック→