消費習慣を思い出させる政策

『いま、節約を意識していますか?』(アサヒグループホールディングス青山ハッピー研究所調査)http://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/201802/00666/調査によると、『節約を意識して生活しているか?』との問いに対して、「強く意識している」32.5%、「まあまあ意識している」59.2%を合わせて全体の9割以上が「節約意識を持ちながら毎日の暮らしを送っている」ことが明らかになったそうだ。また、『景気の上向きを実感しているか?』との問いには、8割以上が「(景気回復を)実感していない」と答え、一番の要因は「給料アップがないこと」らしい。節約策の上位は「節電」や「節水」、「食費の抑制」で、待機電力の削減や、食器のまとめ洗い、自炊・家飲みなどと、まことにみみっちい対策が並んでおり、これが世界に冠たる経済大国...

ご支援くださる方はクリック→