通貨発行益 再論

本日は、望月夜様の寄稿コラムです!これまた面白いコラムを頂いておりまして、非常に私(ヤン)は唸りながら読ませていただきました。理解するためのポイントはいくつかあるのですが、大変重要なのは「政府には”実物を徴収(徴税)する能力もある”」ということ。思考実験としては仮に「政府が通貨(政府から見て負債)を発行して、企業をM&A(国営化)した」とすると、通貨(政府の負債)と企業価値(株式=政府側の資産)は等しくなるはずで、プラマイゼロ。M&Aした(国営になった)企業がこれから生み出す利益が通貨発行益と呼ばれるものになる・・・という理解であっているような。※もし間違っておりましたら、望月様、ぜひご一報くださいませm(__)m じっくりお読みいただき、「通貨」なるものの構造を考えていただけるコラムかと思います!現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただ...

ご支援くださる方はクリック→