財政再建とボディメイクの類似性

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリックポーランドとイギリスの例 本日も忙殺ぎみなので、端的かつ短めに。上記は先日、ソウルメイトさんが進撃の庶民に寄稿された記事なのですが、その中で「積極財政を行ったポーランドは財政健全化し、逆に緊縮財政を行ったイギリスは財政健全化から遠のいている」という事実が載っており、大変興味深い話であります。 一般的には「無駄遣いを減らしたら、財政は健全化する”はず”」という間違った常識がまかり通っておりますが、事実は「不況期に積極財政を行わないと、財政健全化は遠のく」のです。この仕組を簡単に説明差し上げると、というか非常に当たり前の話なのですが、「誰かの支出=誰かの所得」であり「需要が足りない不況期に、政府支出を減らしたり増税したりと緊縮財政を実行すると、不況がひどくなる、ないし長引く」わけで、そうすると当然ながら税収...

ご支援くださる方はクリック→