内債と筋トレ・ダイエットにおけるカロリーの類似性

※画像で読者を釣ろうという意図は少ししかありません>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック昨日に引き続き、本日も経済ボディメイク論財政再建とボディメイクの類似性という記事を昨日書いたのですけれども、こういう記事を書きますとすぐに経済を知らない人が「いやいや、国債発行額(内債)は内臓脂肪みたいなものだ!ヤバいぞ!」みたいなことを書きそうですので、先に反論しておこうというお話です。 国債(日本の内債を以下、こう表現します)の概念はボディメイクにおける摂取カロリーに似ています。例えば仕事はデスクワークのみで、運動はしない一般的な日本人男性の平均体型の人が、1日に2500~3000キロカロリー摂取するのは「やや多い」でしょうけれども、筋トレをしている人や激しめの運動が日課となっている人にとっては「適量」となるわけです。なぜならば消費カロリーと運動量(生産性)が...

ご支援くださる方はクリック→