銀行はこうやっておカネを貸す 信用創造

2015.7.1
Q.(ねこ)前回は現代の経済が借金に依存しているって話を聞いたにゃ。日本銀行が発行した現金がどうやって世の中に出回るのかといえば、日銀が民間銀行に現金を貸して、その現金を元にして民間銀行が企業や個人に預金を貸すことで成り立っているのにゃ。だから、おカネのシステムは借金によって成り立っているのにゃ。そこで、銀行がおカネを貸す仕組みをもっと考えてみたいにゃ。
A.(じいちゃん)そうじゃな、それでは昔の銀行の話からしようかの。前にも話したが、銀行はもともと金庫業者で、金持ちから金貨を預かって金庫に保管し、その預り証を発行して金持ちに渡していた。この預り証を銀行に持っていけば、いつでも金貨と交換してもらえる。だから金貨をいちいち銀行から持ち出さなくても、預り証を金貨の代わりに取引に使うようになった。この預り証がいまの銀行券(紙幣)じゃ。やがて金貨の代わりに銀行券がおカネとして...

ご支援くださる方はクリック→