現金と預金の違い 預金は民間の発行するカネ

2015.6.30
A.(じいちゃん)現金と預金の違いを考えてみよう。預金と現金の違いは何だと思う?
Q.(ねこ)現金はみんなが財布に持っているおカネにゃ。そのおカネを銀行に預金すると預金になるのにゃ。だから預金は銀行に預けた現金のことにゃ。だから預金も現金も同じことにゃ。だから、ローンじゃなくて一括で支払うときは「現金の振り込みで払う」というのにゃ。
A.(じいちゃん)そうじゃろうな。普通の人はみんなそう思っておる。しかし現金と預金は根本的に別のものじゃ。ただし銀行では現金も預金も同じように扱うから、実質的に同じように感じておるだけじゃ。預金は現金そのものではなくて、銀行が現金を元にして作り出したおカネなんじゃよ。と言っても、何のことかわからんじゃろうから、順に説明しよう。
さて、現金(日本銀行券)は日本銀行が発行しておる。世の中に供給される現金の量は経済成長に伴って次第に増えて...

ご支援くださる方はクリック→