安保法制の細かい話はどうでもよい

(推敲中)2015.7.12
<安保法制に関する基本的な考え方を持て>
Q.(ねこ)安保法制を巡って国会で与野党が大騒ぎしているにゃ。でも、話がややこしくてちっともわかんらないのにゃ。どう考えれば良いのかにゃ。
A.(じいちゃん)正直に言えば、ワシは法律の内容はどうでも良いのじゃ。今行われている安全保障の議論は「憲法に違反しているかしていないか」、あるいは「日本が戦争に巻き込まれるかどうか」で大騒ぎになっておる。しかしそんな議論は日本の安全保障について何の役にも立たない。確かに法案が出ているからそれに執着するのはわかるが、最も重要な議論が行われていない気がする。
それよりも現在の日本の置かれた立場から、どのような外交、国防政策を行うべきかを、まずはじめにしっかり決めることが大切だと考えておる。憲法の範囲内などと最初から政策内容を限定するのではなく、そもそもどのような方法で日本を守る...

ご支援くださる方はクリック→