ネコでもわかるピケティ

2015.6.4
<ピケティの結論は「資本主義の社会では格差が常に拡大する」r>gという関係式にある>
Q.ピケティをひとことで言うと何かにゃ。
A.それは「資本主義の社会では格差が常に拡大する」という仮説じゃ。つまり資本主義の社会では富める者がますます豊かになる一方で、それ以外の人たちはそれほど豊かになれないということじゃ。そのために、時間と共に社会格差がどんどん広がってゆくことになる。
ピケティ先生は、世界各国の税務資料などを集計して、各国における国民の所得や資産の保有状況を調査し、それが時代とともにどのように変化したのかを調べたのじゃ。その結果としてこのような結論に達したのじゃ。先生の主張は特定のイデオロギー(社会主義など)に立脚した理論から導き出された考えではない。あくまでも「統計的な分析」つまりビックデータの解析によって科学的に導き出されたものじゃ。そこがマルクスなどの理...

ご支援くださる方はクリック→