経済学のモデルについて

[壁]д・)チラック、クリック…
 リカードの比較優位論だとかマンデルフレミングモデルだとか、小難しい経済学のモデルというのは世の中には色々あります。経済学の学徒とすればこれがなんだか高尚で、この世の経済の理なのだ!的な捉え方をしているようですけど、はっきり言ってヘソで茶がわきます。(この場合の経済学とは主流派経済学に対して使用しております)  経済学のモデルというものは基本的にえらく世の中の事象を簡略化して、ファクターを切り詰め、単純化した方向に思考する分には向いているでしょう。しかしいただけないのは、その簡略化、単純化したモデルを使って現実を解釈しようとするところです。 経済の語源は経世済民だそうですけれども、そうだとすれば経済学のモデルの中で1つでも「経世済民」なモデル、世の中を豊かにするモデルなんてものがあったでしょうか?例えば経済学では「...

ご支援くださる方はクリック→