中国の尖閣諸島への動き

先日進撃の庶民の進撃の朝刊で取り上げられていた記事が、気になりましたので考察を。 東シナ海で一触即発の危機、ついに中国が軍事行動中国機のミサイル攻撃を避けようと、自衛隊機が自己防御装置作動 この記事によりますと中国は尖閣に、一歩踏み込んだ軍事行動に出ていると思われます。まず尖閣諸島についておさらいしておきます。中国にとって日本は「太平洋への出口を塞ぐ蓋」でして、中国政府にとってはシーレーン確保のためには尖閣を実効支配しないといけないわけです。逆に日本からすれば尖閣諸島を実効支配されてしまうと、日本側のシーレーンが中国に支配される形になるので許されないわけですね。[壁]д・)チラック、クリック…
ではアメリカから見ると?というと、日本と中国にとっては重要なところでも、アメリカからは単なる同盟国の小さな島の1つでしかないわけです。中国をなにか「世界支配の野望のある帝国」的...

ご支援くださる方はクリック→