くだらない意見にも愛情をもって接するわし – BLOGOS


くだらない意見にも愛情をもって接するわし >>記事全文
BLOGOS
世界の中で、最も賃金の安い労働者に合わせていくのがグローバリズムである。 わしは、構造改革、新自由主義、グローバリズムの罠を延々と警告してきたが、この流れが「やむを得ない」「時代の潮流」と思い込む者がいて、マスコミもこれが主流である。 グローバリズムも、 ...

ご支援くださる方はクリック→