熊本地震 もし私が総理大臣だったら

熊本・大分で一連の地震が発生してから月日が経ち、テレビや新聞の報道も少なくなってきていますが、熊本地震における政府の対応の評価も今夏の参議院選挙の重要な争点としなければならないと思います。安倍政権の地震対応に関していろいろな評価がありますが、今回は、絶対にあり得ませんがもし私が総理大臣だったらどんな対応をするかという視点から考えてみたいと思います。


今回の地震に対応する補正予算は比較的早く成立しましたが、額は7000億円規模で、被害額が数兆円に上るという推計が明らかになっていることを考えればこの予算規模では不十分です。私なら、10~20兆円以上の規模の補正予算の早期編成、復旧・復興関連の公共工事における発注価格の大幅アップや受注調整(談合)、指名競争入札、随意契約の解禁などを指示します。また、被災自治体の財政負担はゼロにします。


全壊した住宅の解体費用の9割を国費負担に...

ご支援くださる方はクリック→