チェコもEU離脱国民投票を検討…政府は反対

チェコもEU離脱国民投票を検討…政府は反対(読売新聞) ・・・・・え~マジで?と早速ブレグジットの余波が広がりつつあるようです。チェコを地図で見てみますとドイツ、ポーランド、スロバキア、オーストリアに国境を面しており、無茶苦茶EUのど真ん中やん!というのが最初の感想です。実現の可能性は地理的に低いとしても、イタリアやフランスなどの大国でもそのような運動があるので、相当にEU内には鬱憤、不満が溜まっている状態なのは間違いないでしょう。 主流派経済学ではグローバル化で不満や鬱憤がたまる、というようなことは想定されていませんし、理論的には「ヒト・モノ・カネ」が自由に動くのできっと均衡が訪れて、みんな幸せになるんだ!というのが彼らの主張でしたが現実は真逆です。[壁]д・)チラック、クリック…
グローバリズムの本質として、なぜこのように鬱憤、不満がたまり社会が不安定化するのか...

ご支援くださる方はクリック→