18、19歳の有権者へのアドバイス

7月6日付愛媛新聞に参議院選挙についての18、19歳の3人の若者へのインタビュー記事が掲載されていました。


「先延ばしは楽だけど」

「あえて言えば消費税増税に関心があるかな。短大の授業でアベノミクスの勉強をして、増税再延期の理由が曖昧だと感じました。先延ばしすれば今は楽ですが、将来の負担は大きくなるはずです。」松山短期大学2年(松山市)稲田真奈美さん(19)(聞き手・菅亮輔)


そもそも、国の税収が減った原因はデフレ不況の長期化、深刻化です。そして、デフレの原因はバブル崩壊後に橋本政権が実施した消費税の5%増税と公共事業費削減などの緊縮財政です。これらの政策によって経済成長が鈍化し、その結果、税収が減少して社会保障費などの財源不足を赤字国債で賄わざるを得なくなったのです。


今も実質賃金や個人消費は低水準が続いており、デフレ脱却とは程遠い状況です。この状況で...

ご支援くださる方はクリック→