日本会議の研究(著:菅野完)を読んで

はーい、読書の夏ですね~ちゅ~か暑くて読書しんどいよ。えぇ、最近話題だった日本会議の研究を読んでみましたよっと。まず全般的な感想としては「非常によく取材されている」と言うことです。恐らくこれだけ詳細に日本会議について取材し、書いた本は日本には存在してないだろう…と思うくらいです。 さて、本書は基本的には日本会議がどのような人脈で、どのような団体で、そしてその原点がどこにあるのか?を明らかにする目的のようですし、その目的は十二分に果たしていると判断して間違いないでしょう。 日本会議の研究(扶桑社新書)864円Amazon んで本の中身をダラダラ語ってもしょうがないので、読んで受けた感想を書いていきたいと思います。まず一点目は日本会議は全くもって保守ではない、という点です。日本会議の主張は9条の改正だったり、緊急事態条項の憲法への追加だったりするわけですが、おおよ...

ご支援くださる方はクリック→