⑦消費税は担税力無き「生産面のGDP」に課税されている

⑦消費税は担税力無き「生産面のGDP」に課税されている

シャウプが付加価値税を考案した時は企業を対象とした「直接税の付加価値税」であったし、フランスが最初にシャウプの付加価値税を採用しようとした時も、最初は企業を対象とした「直接税の付加価値税」でした。現在の日本の消費税も事実は直接税ですから、シャウプの初志は貫徹されたことになります。他人が納めるべき税金を預かって、代わりに収めてやるなどということは、理論としてはあっても、実体ではありえないことなのです。したがって、間接税化で必ず別のものに変身してしまいます。間接税化というレトリックで、「直接税の消費税」もしくは「支出税」は、「直接税の付加価値税」に変身してしまいました。消費税だと思っているものは、事実は、消費税ではなくなっているのです。世界のどこにも、「支出面のGDP」に課税しようとか、「直接税の消費税」だとか、「支出税」だとかを...

ご支援くださる方はクリック→