参院選を終えて今後の日本のために

参院選では与党大勝利、という結果になってしまいまして「あちゃ~マズいな」と言うのが正直な感想です。 おおまかに言いますとこれで安倍政権は、フリーハンドでグローバリズム・新自由主義的な政策をやって行けてしまうのではないか?という危機感がかなりあるわけです。そして野党のアベノミクス批判ははっきり言って「お粗末」であり、野党の経済政策というのもお粗末だった結果として、このような現状になったのだろうと思い、野党向けに経済政策のレクチャーというか提案をしたいなと思ったわけです。今後2年間じっくりかけて書いていこうと(笑)本日は総論的にまとめていきます。今後はその詳細などを散発的に「こうしたらどう?」と書く機会もあるかと思います。 さて、まず第一にいい加減に政治家は「グローバリズムの恐ろしさ、脆弱性」を認識するべき時期であろうと思います。資本主義というものが「将来への不確実な投資...

ご支援くださる方はクリック→