参議院議員選挙の感想のような諦念のようなもの – BLOGOS


参議院議員選挙の感想のような諦念のようなもの >>記事全文
BLOGOS
もっと言えば、今回みんなの党がなくなって、「新自由主義だけど新保守主義ではない」という票は宙ぶらりんの状態だった。そこの受け皿となる人たちは山田氏以外はどこかに行って、渡辺喜美氏は当選した。なんだかなぁ。 もうひとつ。今回の投票率は54.70%で戦後四番目の ...

ご支援くださる方はクリック→