今後の政局と我々の方向性について

参院選の結果は自民党が単独過半数を確保しました。
その結果として自民党は衆参の両院で過半数を確保しました。


自民党が長期政権を担うことは確実と言えます。今回民進党ややや議席を持ち直しましたが、将来的に党勢を回復する見込みは少ないでしょう。

自民党の暴走を止めるために、参院で野党に過半数を取らせて衆参でねじれを起こすというのは理論しては良いです。ねじれ状態なら、自民・民進のともに売国政策にお互いがけん制し合い歯止めになるでしょう。

ただ、近い将来に民進が参院で過半数とれる状況がくる雰囲気はないです。なので、机上の空論です。


同時に旧「国民新党」のように信頼できる弱小政権を育てるのも現実味が薄いです。そもそもそういった政党がありませんし、今の小選挙区制で弱小政党が議席を伸ばすのは困難です。

そこで、現実的な方針としては次の自民党総裁選で少しでも新自由主義...

ご支援くださる方はクリック→