青島都政の反省はあるのか

参院選で当選した今井絵理子氏について、(沖縄出身なのに)「立候補するまで沖縄の問題に関心がなかった」ことに対して批判がありました(例えばこちら)。

特に今井氏を擁護する気はありませんが、ぶっちゃけた話、今井氏が沖縄の問題に関心があろうとなかろうとこれからの政治に大した影響はありません。そもそも国会議員は立法府のメンバーであり、大臣などにでも任命されて内閣に入らない限り、国政に直接関与することはありません。さらに、国会議員など数100人いるうちの1人にすぎません。沖縄の問題で何もできなくても、別の問題で活躍できれば、それはそれでいいかな、と思います。

が、都知事はそうではありません。行政のトップです。内閣と違って、副知事などを除くと周囲はほとんど官僚です。官僚のいいなりにならない政治をするためには、よっぽど行政手腕がないと務まらないはずなのです。

候補者の一人は、

都...

ご支援くださる方はクリック→