救急車有料化よりドクターカー導入を

救急車は本来、一刻を争う重症の傷病者の搬送に使うものですが、軽症にもかかわらず、タクシー代わりに使うなど救急車が安易に利用されるケースがあり、本当に緊急性の高い出動への影響が懸念されています。対策として救急車の有料化も検討されているようですが、有料化されると、「金を払えばいいだろう」となって逆効果になる可能性もあると思います。私は、救急車有料化よりも政府支出拡大により救急体制と医療の充実を図るほうが有効な対策になると思います。


日本テレビ系で4月から6月まで剛力彩芽主演で「ドクターカー」という木曜ドラマが放送されていました。「ドクターカー」とは、救急車とは違い、医師を乗せて患者がいる現場に向かう救急医療の特殊車両のことで、ドクターカーに添乗する新人医師を剛力彩芽が演じていました。このドクターカーは日本国内でもすでにいくつかの地域で実際に導入されているようです。ドクターカーはヘリ...

ご支援くださる方はクリック→