日銀は完全に弾切れ、いまこそ財政政策へのステージチェンジを!

『日銀、追加緩和=上場投信購入6兆円に倍増―政府と連携・マイナス金利維持』
(時事通信7月29日(金))「日銀は29日、金融政策決定会合を開き、追加金融緩和を賛成多数で決めた。緩和は1月のマイナス金利政策の導入決定以来、6カ月ぶり。株価指数連動型の上場投資信託(ETF)の買い入れを現在の年3.3兆園から6兆円に増額する。企業や金融機関の外貨調達の支援強化も決めた。金融機関が預ける日銀当座預金の一部に適用するマイナス金利は現行水準のマイナス0.1%に据え置いた。(中略)通貨供給量を増やすため実施している現在の年間80兆円の国債購入は増額を見送った。(後略)」注目を集めていた日銀の金融政策決定会合は、予想以上の肩すかしに終わった。
もはや日銀には、これ以上の打つ手は残っていないようだ。ETFの買入増額なんて、誰も期待していない。
こんな愚策で具体的な経済効果を狙っている...

ご支援くださる方はクリック→