自己相対化

月曜日は、先週からジータ氏のコラムです。本日は『自己絶対化』についての稿を頂いております。人気ブログランキングへ
第三回目は前回と逆の概念である『自己相対化』について考察をしてみたいと思います。
題材とするのは、『安全保障関連法案を巡る論争』、としましょう。 私は自分のブログにて、日本国憲法第一条が定めるところの天皇陛下に係る条項を、党の綱領で憲法改正の手続きを経て、これを廃止すると公言している、日本共産党という政党を批判してます。理由は単純で、『平和憲法を護る、憲法九条を壊すな、憲法改正に反対』、という陳腐なフレーズでデモをやっておきながら、自分達の綱領で、憲法第一条を破壊することを定め、憲法改正を目論んでるというダブルスタンダードが許せないからです。 その点、自民党は立党から現在に至るまで、憲法改正・自主憲法の制定を綱領としてますから、一応の筋は通ってます。 このように、賛...

ご支援くださる方はクリック→