都議選は改革ゴミの掃き溜め

東京都議会選は、自民党幹部が犯した失策や失言の数々がマスコミの標的にされ、大方の予想どおり自民党の歴史的な大敗で幕を閉じた。正直に言って、今回の都議選ほど興味をそそられない選挙もなかった。なにせ、選挙の争点が、“改革(改悪)&緊縮による日本縮小”を標榜する自民と小池チルドレンどもの二大勢力同士のショバ争いでしかなく、どちらが勝っても周回遅れの改革キチガイを喜ばすだけの、謂わば「粗大ゴミと生ゴミの喧嘩」の域を出ないからだ。(※他の政党は「家畜糞尿」)選挙を終え、自身の求心力保持のため豊洲移転問題を故意に拗らせた小池のババアが勝利の祝杯を挙げる姿は見るに堪えないが、今回の自民惨敗が安倍首相や自民党の力を国政レベルで削ぐことになるのなら、鼻を摘まんで前向きに評価せざるを得ないのかもしれない。さて、あまりの大敗ぶりに涙目の自民党支持者を他所に、フランス国政選挙と同様、小池の厚化粧ババア率いる都民フ...

ご支援くださる方はクリック→