④増税と公共投資の増加の組み合わせによる経済成長政策は間違い

④増税と公共投資の増加の組み合わせによる経済成長政策は間違い マクロ経済の分析では、同じ金額の財政出動でも、減税による場合と、公共投資による場合とでは、公共投資による場合の方が乗数効果は高いとしており、減税よりも公共投資を推奨しています。これは、大学の経済学の講義でも行われていることなので、とりわけ、経済学部を出た者は減税に無関心です。例えば、公共投資を1兆円行ったとして、第一次の有効需要(初項)は1兆円で、国民の限界消費性向を0.7とすると、公共投資の乗数効果は1/(1-0.7)=3.33です。公共投資の代わりに、財政出動として減税を1兆円行ったとして、有効需要(初項)は所得から消費に使われる0.7兆円ですから、第一次の有効需要(初項)は0.7兆円で、減税で生まれる乗数効果は0.7/(1-0.7)=2.33だから、減税よりも公共投資を行った方が良いというものです。しかし、これは...

ご支援くださる方はクリック→