待機児童ゼロを実現できるのか。

今日はこんな記事です。 「子育て安心プラン」でも、財源も保育士も目途が立たない待機児童解消問題 政府は待機児童解消を掲げていますが、今後需要がどうなっていくのか、どう保育園を作って行けば待機児童が解消されると見込んでいるのか、といった数字をなかなか見ることができません。 今日紹介する記事は、それに近いものが載っています。以下抜粋です。 子育て安心プランは、2020年度末までの待機児童解消をうたう。18年度から3年で保育の受け皿を約22万人分増やして「待機児童ゼロ」を成し遂げ、その後2年で約10万人分を追加する。25~44歳の女性の就業率が今の約73%から80%に高まるとみて算出した数値といい、高騰した用地でも借りられるよう保育所を補助したり、幼稚園や学校の空き教室を利用したりすることで実現を目指す。首相は発表の場に選んだ経団連のパーティで「今度こそ...

ご支援くださる方はクリック→