日欧EPAと料理の関係-グローバリズムが画一化をもたらす-

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ自由貿易とは何か?猫も杓子も自由貿易とのたまう日本。まるで自由貿易をすれば経済が良くなるかのごとく報道するメディア。そして大半の有識者や評論家が「自由貿易=善」という前提条件のもとで、くだらない言説を繰り広げています。いわく「消費者利益になる!」、いわく「ワインやチーズが安くなる!」 さて、そんな中で日欧EPAが話題になっております。結論から言いますと「著しく日本の国力を停滞させるものである」「時代に逆行した愚策だ」といえるでしょう。料理でいえば「毎日ハンバーガーとコーラを食べさせられるようなもの」でありまして、毎日こんなメニューじゃ体調も崩れて成人病になっちゃうよという愚かな行為なのです。 自由貿易は良いものだ!といっている人たちから自由貿易の定義を聞いたことが...

ご支援くださる方はクリック→