一国主義への揺り戻しか 英仏総選挙が示すもの 下 – BLOGOS


一国主義への揺り戻しか 英仏総選挙が示すもの 下 >>記事全文
BLOGOS
ドイツ主導の緊縮財政策を批判して大統領と意見が食い違った、前任者モントブール氏の更迭を受けての人事であったが、これで分かるように、マクロンは、小さな政府を実現して財政を再建するという理念の持ち主で、フランスの官公労からは「新自由主義者」だとの批判まであっ ...

ご支援くださる方はクリック→