対論「炎上」日本のメカニズム-著:藤井聡・佐藤健志レビュー

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへいつも通り目次を見てみよう現代の「炎上」の基本メカニズム藤井聡ジャン・アヌイの作劇に見る炎上の魅惑と詐術佐藤健志炎上における「隠蔽」の構造藤井聡炎上にひそむ「知性のめまい」をさぐる佐藤健志炎上のメカニズムへの挑戦藤井聡仮相と炎上の戦後史佐藤健志対談炎上はコントロールできるのか藤井聡×佐藤健志目次からも分かる通り、このご本は「炎上」をテーマにしておりまして、帯には『ネット空間だけじゃない!小泉純一郎劇場も、橋下徹劇場も、小池百合子劇場も「劇場」と名が付くものは全部社会の「炎上」現象だ!』となっております。字の色は似せました(笑)炎上という現象(藤井聡編)今回は藤井聡氏に焦点を当てて見ていきましょう。2人同時にレビューするのは無理というものです(笑)第1章、藤井聡氏の分析から引用しまし...

ご支援くださる方はクリック→