日本の体外受精成功率は低いらしい

今日はこんなインタビューです。 不妊治療ブームなのに、成功率は世界ワーストの日本。頼りすぎは危ない 『本当は怖い不妊治療』という本が出版され、その著者に話を聞く、というスタイルの記事です。 驚愕のデータが掲載されているようです。 実は日本は、治療件数が世界一にもかかわらず、出産率は世界最下位なんですね。 こちらに実施件数と一回採卵あたりの出産率を国ごとに比較した図があります。日本の実施件数は年間20万件を超えていますが、一回採卵あたりの出産率はわずか6.2%です。 これに対し、他国では一回採卵あたりの出産率は概ね20%を超えています。 ホンマかいな、と原著にも当たってみましたが、正しいようです。ただ、記事の図を見ると日本がダントツで低いかのように見えますが、原著を見てみると日本よりも一回採卵あたりの出産率が低い国はないわ...

ご支援くださる方はクリック→