諸外国の2015年合計特殊出生率

これといったニュースがありませんので、諸外国の2015年の合計特殊出生率を調べてみました。出典は内閣府のページです。 フランス1.92スウェーデン1.85アメリカ1.84イギリス1.80ドイツ1.50日本1.45イタリア1.35シンガポール1.24韓国1.24香港1.20台湾1.18 日本の下にも多く国はありますが、やはりもっと上を目指さなくてはいけません。 日本の合計特殊出生率は2013年まで数年間ドイツの値を上回っていたのですが、2014年に逆転され、2015年はさらに離されてしまいました。 ドイツは日本と比べてかなり子育てへの投資が多いのですが、少子化対策には失敗した国でした。が、ここ5年の出生率の増加はめざましく、この調子ならあと10年か15年ほどで1.8くらいまで届いてしまうかもしれません。 ただし、ドイツの出生率が増加しつつあ...

ご支援くださる方はクリック→