岩盤規制と和食の伝統-伝統を壊すことこそ規制緩和-

 >>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ和食とは岩盤規制の塊であるどのような料理文化にもセオリーというか、暗黙の了解というものが存在します。例えば和食でいえば「何が和食を和食たらしめているか?」という暗黙の了解、セオリー、もっといえば伝統が存在するわけです。我々日本人がアメリカの寿司を見るにつけて「あんなのは寿司じゃない」と感じるのは、我々の中に「鮨」が存在しているからなのです。例えば懐石といったある種のルール、形式もその一種でしょうし、使う食材がハイカラな南蛮のものだらけだったら、もはや和食と呼べない「和食風料理」でしょう。 和食という概念はじつは、様々な「岩盤規制」が存在するからこそ、和食たりえるのです。いいかえれば、伝統とは岩盤規制とほとんど同義でありその成立過程も非常によく似ております。伝統と...

ご支援くださる方はクリック→