②財政破綻させる(インフレにする)べき理由

②財政破綻させる(インフレにする)べき理由 つまり、財政均衡派は、すでに政府債務を拡大すると財政破綻する(インフレになる)という構造が破壊されているにも関わらず、まだ、それを言い続けているという点において、第一の間違いを犯しています。しかし、問題なのはそのことではありません。最も重大な間違いは、第二の間違いであり、それは、インフレにしてはならないという価値観です。財政均衡派が、財政破綻を嫌っているのは、「財政破綻とはインフレである」ということが判らないからではありません。インフレにしたくないので、インフレを財政破綻であると言換えているのです。インフレにしてはならないという価値観は、別の言い方をすれば「デフレ指向」ということになります。インフレになれば、富裕層や債権者の保有する預金現金や債券の実質価値が減少します。同時に、債務者の実質債務も減少し、債権者から債務者への所得の移転が起...

ご支援くださる方はクリック→