H29少子化白書を読む12 トピックス 諸外国の年齢別出生率

昨日は諸外国の合計特殊出生率をご紹介しましたが、今日は再H29少子化白書から「諸外国の年齢別出生率」です。 各国の女性が、何年に何歳で平均何人子供を産んだか、という図が出ています。ぜひリンク先に行って図をみていただきたいです。 図を見てわかることは、年代が進むにつれ、先進国では例外なく子供を産むピークの年齢が上がっているということです(晩産化)。ところが、合計特殊出生率が高い米英仏瑞典(スウェーデン)では、ピークの高さは変わっていません。これに対し、合計特殊出生率が低い日独伊ではピークの年齢が上がっているとともに、ピークの高さが下がっていることがわかります。 このことは、晩産化が少子化の直接的な原因とは限らないことを意味すると思います。言い換えると、晩産化と出生率を高くすることは両立が可能だということです。 
ランキングに参加しています。応援よろし...

ご支援くださる方はクリック→