オードリー若林が1人でキューバを旅した理由『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』 – エキサイトニュース


オードリー若林が1人でキューバを旅した理由『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』 >>記事全文
エキサイトニュース
家庭教師の講義のなかで「格差社会」「超富裕層」について聞いた若林は、「新自由主義」という言葉を知る。勝ち組。負け組。競争を強いられるシステム。売れない20代のころ、世間と自分を比べて鬱屈していた時間は、誰かが作ったシステムの上の出来事に過ぎなかった。宇宙や ...

ご支援くださる方はクリック→