認可保育園と同額のベビーシッター

東京23区、自治体によるベビーシッター事業広がる-認可保育園と同額で
待機児童解消のための緊急的な対応策として、家庭にベビーシッターを派遣する「居宅訪問型保育事業」を利用する動きが、東京23区で広がりつつある。これまでは主に重度障害児に限定していた同事業の対象を、希望する保育園に入れなかった0~2歳児にも広げることで、施設が整備できるまでの間の受け皿にしたい考えだ。≪続きを読む≫[アメーバニュース] 公営ベビーシッターがあったとは知りませんでした。「居宅訪問型事業」という言葉は目にしていたけれど、それが公営ベビーシッターだとは思いつかなかったのかもしれません。 認可保育園と同額で利用できるというのはすごいことです。普通の保育園で保育士と子供の数の比を考えれば、一人の保育士で一人の子供の保育をすることがどれだけコストのかかることか、と思います。 それでもお金が...

ご支援くださる方はクリック→