今年も東京都の待機児童は8000人超

今日はこんな記事です。 東京都の待機児童8586人=4月時点、新基準で増加 東京都は24日、4月1日時点の都内の待機児童数が、前年同期比120人増の8586人になったと発表した。
厚生労働省が2017年度から新基準を導入し、育児休業中の保護者の子どもを含めるなど対象が拡大した。従来の基準では773人減となる。
保育サービスの利用児童数は過去最大の1万6003人増。27万7708人となった。ただ、利用希望者も増加しており、受け皿の確保が追いついていない。 東京都の今年4月時点での待機児童数が発表されたようです。 前年に比べ120人増えましたが、一部は基準が変わったためで、従来の基準では773人減とあります。 受け入れ人数が27万人、一年で1万6000人受け皿を増やしているということで、一年に約6%受け皿を増やしてもまだ足りないことになり...

ご支援くださる方はクリック→