②債務者はインフレを目指せ

②債務者はインフレを目指せ 税金は、市場の貨幣量を操作する手段の一つであり、貨幣を回収し減少させる手段ですが、貨幣を回収する相手として、白羽の矢を立てられた者つまり納税者が損をすることになります。よって、富裕層は、税負担を低所得者や貧困層に移転することを切望しています。法人税や所得累進課税の強化では富裕層が損をし、消費税増税では内需型企業の中小企業経営者およびその労働者が損をします。中小企業経営者およびその労働者はおおむね中間層や低所得者です。低所得者への所得再分配を目指す政策では、法人税や所得累進課税を強化して、富裕層に損をさせようとし、新自由主義の優勝劣敗を加速させる政策では、勝者の所得を守るために消費税を増税し、中間層や低所得者に損をさせようとします。税金の役割は、ただ貨幣の量さえ調整すれば良いなどという単純なものではありません。税金で貨幣を回収する相手として、どこの税金を...

ご支援くださる方はクリック→