加計学園と国家戦略特区と民間議員という破壊

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ政治の嘘は自由民主制の致命傷昨日、一昨日と安倍総理が国会で答弁したようですが、なんとまあ白々しい・・・1月20日まで加計学園が国家戦略特区に申請を出していたのを認識してなかったんだとか。国家戦略特区の諮問会議の議長は安倍総理でしょうに。そんなわけないでしょう、というのが常識的な感覚で、どうも安倍総理は自身の保身のために国会という国権の最高機関で平然と嘘を答弁している、ということになりそうです。※一応、体裁上は国会は国権の最高機関の”はず”なんです(笑) さて、政治において平気で嘘がまかり通るようになったのは2000年代初頭の小泉内閣からかと思います。そしてやや絶望的なことに、我が国日本の国民は「嘘をつく内閣」にこそ長期政権という果実を与えてきてしまっている、ということもいえ...

ご支援くださる方はクリック→