NHKに受信料を払う価値は無い

  7月10日放送のNHKクローズアップ現代プラス「格安商品のウラに何が?大企業による「下請けいじめ」の深層http://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/012/index.html」を見て、私はNHKは公共放送の役割を十分に果たしておらず、受信料を払う価値が無いと感じた。

 番組では中小企業庁の「下請けGメン」が対応した大手スーパーに納品している豆腐製造業者と、自動車メーカーの下請け企業の二つの事例が取り上げられていたが、この大手スーパーと自動車メーカーの企業名は放送され無かった。

  企業からの広告料収入ではなく、国民の受信料で支えられているNHKには、企業名を放送して消費者の「知る権利」、「選ぶ権利」に応えると同時に、立場の弱い中小零細企業を守る義務があるのではないだろうか。

 &nb...

ご支援くださる方はクリック→