大学と企業を同時に誘致する

今日はこんな記事です。 日本が少子高齢化を止める唯一の方法とは? コマツの元社長へのインタビューです。コマツは地元回帰によって社員の出生率を大幅に改善した会社だそうです。長いですが、重要ですので以下抜粋します。 私が地元回帰を進めた本質的な動機は、この国の深刻な少子化問題にあります。私たちは1950年代に石川から東京に本社を移し、工場も輸出に便利な関東、関西に移しましたが、多くの地方企業がそういう経緯をたどったことによって、東京への過度な一極集中とそれに伴う少子化を加速させてきた一面があります。代表的な地方出身の企業であるコマツが率先して地方へ回帰すれば、いずれは他の企業も回帰の道をたどってくれるのではないかというのが、私の強い思いですね。現に、うちの女性社員のデータを調べてみたら、少子化対策としてその効果は確実に出てきている。30歳以上の女性社員を例にとれ...

ご支援くださる方はクリック→