②ハイパーインフレ待望論

②ハイパーインフレ待望論 ハイパーインフレはインフレの延長線上にあり、その理論から見れば、ハイパーインフレが財政破綻ならば、インフレは財政破綻の入口になります。悪魔の如き強大な生産大国である日本では、ハイパーインフレは起こそうにも起こらないことは、ほとんどの経済学者も解っています。しかし、経済学者はハイパーインフレを恐れているかのように装います。それは何故か。経済学者が本当に恐れているものは、ハイパーインフレではなく、財政破綻の入口であるインフレなのであり、インフレを牽制するために、ハイパーインフレというトンデモない理論を主張しているのです。経済学者のほとんどは古典派経済学の信奉者であり、財政均衡派です。財政均衡派は、財政破綻の定義を、ハイパーインフレ(または国債暴落)となることで、国内生産の巨大さを無視して、国家が外部から物資を調達できなくなり国民は餓死するかのように言っていま...

ご支援くださる方はクリック→